2008年07月14日

July4th旅行@

米国独立記念日連休を利用して、
以前から訪れたかったナイアガラの滝へ行ってきました。
アメリカとカナダにまたがる滝です。

ni-1

こちらは米国側から見たアメリカ滝。
馬蹄型のカナダ滝が有名ですが、こちらもかなり雄大。
大迫力。


オットの仕事の都合により片道約750マイル(1200km)の距離を
一日で行かねばなりませんでした。
14時頃自宅を出発し、ホテルに着いたのは深夜1時半。
(時差プラス1時間)
これでも運転の交代はガソリン補給の時のみで、
食事は車中でおにぎりをほおばり、ほぼ休憩なしという
かなりの強行スケジュール。

ni-2

手前から、アメリカ滝,カナダ滝,
そして遠くに見える建物はカナダ側のホテルやカジノです。


一般的にカナダ側の方がレストランやカジノがあり栄えている
と言われていますが、アメリカ側でまず一泊。
ハードな運転の後にも朝早くから起きて早速滝を見に。

ni-3

Maid of the Mistという滝の下まで行けるボートツアーに参加

ni-5

ボートの先頭を陣取り、
上からも下からもかかる水しぶきに騒ぎながら
どんどん滝へと近づいていきます。


ni-6

この写真がカメラの限界の位置。
実際はこれより奥へと進み、停留。


停留時間は揺れる船につかまり、水しぶきを耐え、
とても長く感じました。
台風の暴風雨を体験している感じ。
船の甲板から吹き上げる風に青いビニールがっぱがあおられて大変。
でもやっぱり一番迫力を感じられたような気がします。

ni-7

船を下りたらもう一度アメリカ滝を眺め。

ni-8

THEナイアガラなカナダ滝も間近で見ることができました。

ni-9

その後はいよいよカナダ入国。
私にとっては初カナダです。


車に乗ったまま入国手続きをする、変な感じ。
手続きといえど、いくつか質問を受け答えするぐらい。

ni-10

カナダ側のホテルはちょっと奮発。
お部屋から滝の見える所を選びました。


だからってお風呂からも見る造りになってるとは驚き。
実際にはバスタブに浸かった状態では見られません。

ni-11

ホテルのお部屋からの眺め。
右側がカナダ滝。(馬蹄型)
左側がアメリカ滝。


ni-12

滝のライトアップ。
そう聞いて、あまり期待をしていなかったけれど意外にキレイ☆
独立記念日だったので花火も上がり。
ナイアガラの滝以外にも遠くの街の花火も見られました。
posted by エイコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102911245
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。