2008年07月14日

July4th旅行A

ni2-1

翌朝は、滝から昇る朝日を見ようと早起き。
遠くから聞こえる滝の音を聞き、しばしボーッと。

ni2-2

あっという間に朝日は昇り。
滝から上がる水しぶきの多さに驚き。

疲れを癒やすべく少し二度寝。
そして朝風呂にゆ〜っくり浸かる。
旅行となるとついせかせか動いてしまいがちだけれど、
今回はせっかくの良い景色のお部屋を十分に満喫。

ni2-3

チェックアウト前にもう一つアトラクションへ。
前日の船とは異なり今度は黄色のポンチョ。

ni2-4

Journey Behind the Falls滝の裏側ツアー。

ni2-5

エレベーターを降り、トンネルをくぐると、滝の裏側に出ました。
あんな大きな滝の裏にこんなトンネルを掘るという発想…。
写真にはうまく写らないけれどこれまたすごい迫力。
(写真に写っているのは私たちではありません。)

ni2-6

滝の真横下にも出られます。
ここでは風向きにより多少水しぶきを浴びるけれど、
前日の船の濡れっぷりにはかないません。


迫力、伝わりますか???

ni2-7

昨日はあの船に揺られて暴風雨体験したなぁなんて思ってみる。
端から見ていてもあの停留時間はやっぱり長い。

ni2-8

滝の夜景と朝日をたっぷり満喫したホテル。
posted by エイコ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

July4th旅行@

米国独立記念日連休を利用して、
以前から訪れたかったナイアガラの滝へ行ってきました。
アメリカとカナダにまたがる滝です。

ni-1

こちらは米国側から見たアメリカ滝。
馬蹄型のカナダ滝が有名ですが、こちらもかなり雄大。
大迫力。


オットの仕事の都合により片道約750マイル(1200km)の距離を
一日で行かねばなりませんでした。
14時頃自宅を出発し、ホテルに着いたのは深夜1時半。
(時差プラス1時間)
これでも運転の交代はガソリン補給の時のみで、
食事は車中でおにぎりをほおばり、ほぼ休憩なしという
かなりの強行スケジュール。

ni-2

手前から、アメリカ滝,カナダ滝,
そして遠くに見える建物はカナダ側のホテルやカジノです。


一般的にカナダ側の方がレストランやカジノがあり栄えている
と言われていますが、アメリカ側でまず一泊。
ハードな運転の後にも朝早くから起きて早速滝を見に。

ni-3

Maid of the Mistという滝の下まで行けるボートツアーに参加

ni-5

ボートの先頭を陣取り、
上からも下からもかかる水しぶきに騒ぎながら
どんどん滝へと近づいていきます。


ni-6

この写真がカメラの限界の位置。
実際はこれより奥へと進み、停留。


停留時間は揺れる船につかまり、水しぶきを耐え、
とても長く感じました。
台風の暴風雨を体験している感じ。
船の甲板から吹き上げる風に青いビニールがっぱがあおられて大変。
でもやっぱり一番迫力を感じられたような気がします。

ni-7

船を下りたらもう一度アメリカ滝を眺め。

ni-8

THEナイアガラなカナダ滝も間近で見ることができました。

ni-9

その後はいよいよカナダ入国。
私にとっては初カナダです。


車に乗ったまま入国手続きをする、変な感じ。
手続きといえど、いくつか質問を受け答えするぐらい。

ni-10

カナダ側のホテルはちょっと奮発。
お部屋から滝の見える所を選びました。


だからってお風呂からも見る造りになってるとは驚き。
実際にはバスタブに浸かった状態では見られません。

ni-11

ホテルのお部屋からの眺め。
右側がカナダ滝。(馬蹄型)
左側がアメリカ滝。


ni-12

滝のライトアップ。
そう聞いて、あまり期待をしていなかったけれど意外にキレイ☆
独立記念日だったので花火も上がり。
ナイアガラの滝以外にも遠くの街の花火も見られました。
posted by エイコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

イチバン

イチバン

近所のホームセンターに苗を買いに行ったところ、
こんな名前のナスを発見しました。

イチバン

これは米ナスじゃなく、日本のナスなんだろうなぁ〜
とたいへん期待させられるナスでありました。

結局この苗はちょっと元気がなかったので買いませんでしたけど。
posted by エイコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両親来訪 〜マンモスケイブ〜

ここは初めて訪れたところ。

マンモスケイブ@

世界遺産。マンモスケイブ。洞窟です。

マンモスケイブA

世界最長の洞窟。
まだ未発掘の部分もあるのだとか。

マンモスケイブB

1時間の軽いツアーから半日ぐらいかかる本格的なツアーまで
たくさんのツアーがあり、インターネットで事前予約も可能。

私たちは平日だったこともあり予約なしで行き。
2時間のツアーに参加しました。

マンモスケイブC

ツアーの指定時間になるとぞろぞろと人が集まり、
私たちの参加したツアーには最終的に100人以上がいました。

その人数が列になり前と後ろに一人ずつガイドがつきました。

マンモスケイブD

幅が狭かったり天井が低かったりするところを歩きながら
少し広い所に出ると、ガイドさんが説明。

ただし参加人数が多すぎるのと洞窟内とはいえマイクなしなので
たとえ英語が堪能であったとしても積極的に説明を聞かないと
ほとんど分からないのでは?と疑問に思うほどでした。

マンモスケイブE

まぁそんな中でもじゃんじゃんガイドさんに質問している人もいて。
日本だったら「何か質問がある人?」と言われても
誰も何も言わないだろうに…と思ったりして。

住んでいる所から一番近い世界遺産。
ここに住んでもう3年経過しているのでやっと行けたという思いが強かった。

今回はオット不参加だったので、
またいつか別のツアーに参加してみたい。
posted by エイコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両親来米 〜コルベット〜

一ヶ月前の出来事をまだ書いてます。
もう次の旅行にも行ってきたのに…。

コルベットA

こちらに遊びに来ていた両親とコルベットミュージアムへ。

自動車会社の博物館はあれど、
一車種限定の博物館とは珍しいのではないかな?

この博物館を訪れるのは3度目。
そのうち一度はおみやげ屋さん訪問だけだったのだけれど…。
(ビジターセンターになっているのでその部分と
 おみやげ屋さんのみは入場料なしでOK)

コルベット@

以前訪れた時は手の甲にスタンプが押されたけれど、
手首に巻く入場券になってました。

コルベットB

展示してある車は時々入れ替わるらしく、
コルベット好きには何度行っても楽しい所らしいのです。
posted by エイコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

両親来米 〜パルテノン神殿〜

パルテノン@

南部のアテネ、ナッシュビルにあるパルテノン神殿。
なぜ南部のアテネなのかは不明。
この日は雲ひとつ無いいいお天気。

パルテノンA

とにかくギリシャにある本物と同じ大きさで復元されたもの。

グース@

でもグースが居たりするぐらい、のんびりとした市民の公園。

グースA

帰りにはグースの横断に邪魔されてしまいました。
子供たち〜、早く渡ってくれ〜ぃ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


マスタング

古くてもピッカピカで素敵なフォード マスタングを発見。
写真を撮らせていただきました。
posted by エイコ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両親来米 〜汽車,ジャックダニエル〜

汽車@

アトランタから帰る途中で汽車のある町へ
今は汽車として使われておらず、展示されているだけです。

汽車A

元駅舎の面影も残しつつ、庭のようにお手入れされています。

汽車B

客車の一部はホテルの客室として利用されているのだとか。




ジャックダニエル@

その後はジャックダニエルの蒸留所へ。
森の中ひっそりとたたずんでいました。

ジャックダニエルA

無料案内ツアーに参加。
英語はほとんど分からず。
写真の銅像はジャックダニエルさんだと思われる。

ジャックダニエルB

英語の説明を聞きながら、
蒸し暑い蒸留所のなかをぐるぐる回る。

ジャックダニエルC

中でも一番暑そうなのは案内人のお兄さんでしたけど。



プツプツと沸いているウィスキーのタマゴちゃん。
実際、この至近距離では目にしみるほど匂いがします。



ポタリ、ポタリと落ちるしずく。
おいしくな〜れ、おいしくな〜れ。

ジャックダニエルD

汗をかきかき、なまりたっぷりの英語のシャワーを浴びた後は
お疲れ様のレモネード。
ここは蒸留所なのにドライカウンティーなので、
せっかくのジャックダニエルが試飲できないのです。

posted by エイコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両親来米 〜オープリー,アトランタ〜

あっという間の一時帰国終了。
私の両親と共にアメリカ入りしました。

オープリー@

まずは私が案内できる近場観光。

オープリーA

ここは何度訪れてもいいところ。

コカコーラ

週末にはアトランタまでお出かけ。
ここはコカコーラ博物館。
定番ですが、私たち夫婦も新しくなってから訪れるのは初めて。

野球@

その後は両親にはサプライズで野球観戦。

野球A

19時過ぎてもこの明るさ。ナイターなのに…。
日向の席は辛そうで、心なしか観客も少なめ。

野球B

アトランタvsフィラデルフィアの試合。
アトランタのチームには日本人がいませんが、
フィラデルフィアのチームには田口選手がいます。

野球C

守備固め、9回からの出場だったので
バッターボックスに立つ姿は見られず…。

それでも、それでも、
私たち夫婦にとっても初めてのメジャーリーグ観戦。
日本のプロ野球とは違う盛り上がりかたで、
とてもいい経験でした。
posted by エイコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

日本滞在 〜FK cafe〜

cafe 外観

ファイヤーキングファンあこがれ?なのかは分かりませんが、

東京 代々木上原にあるファイヤーキングカフェに行きました。

http://www.fk-cafe.com/

ランチから深夜までの営業ということですが、

事前に、ランチメニューでは違う食器だ

とリサーチ済みだったのですが、飲み物については知らなかったので

ずうずうしくも
「どのメニューだとファイヤーキングで出てきますか?」
と聞いてしまう、田舎モノっぷりを発揮☆
(田舎モノというよりオバチャン?)

ケーキとホットドリンクがファイヤーキング使用とのこと。

おかげさまで、暑い日で冷たいものを〜という邪念をこらえ、
ケーキ&ホットコーヒーを注文。

cafe coffee

お砂糖の入っている黄色い箱はパイレックスでした。
(砂糖入れだけパイレックスなのだとか。)



アメリカに住んでアンティークショップ巡りばかりしている

私たちにとっては見たことのある、もしくは持っている食器が

ほとんどだったのですが、それを実際に商売で使うということ
(それも金属製のスプーンやフォークと一緒に)

そんな贅沢さに感心。

cafe 食器たち

最後にカウンターの奥に並ぶ食器を撮影させてもらい、
(これらの食器から一部使用していました)

田舎モノ、大満足でありました。
posted by エイコ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(1) | にほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本滞在 〜温泉〜

またネットの調子が悪く、プンスカ!(古っ)
ネットが繋がっていてもブログを更新する気になれない時もあり
一時帰国からもう間もなく1ヶ月が経とうとしているのに
なかなか内容が現在に追いつかない…。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

群馬県の温泉に行きました。

お食事

     山の幸たっぷりのお食事

手のひらがふにゃふにゃになるまで浸かった
温泉の写真は無く…

しかももう今はこちらの硬水&乾燥な気候で肌は元通り(悲)

滝-1

     鱒飛の滝と吹割の滝

滝-3

     少し変わった滝でして

滝-2

     滝の上流(?)から見られるのです。

滝-4

滝の上にあるハイキングコースをえっほ、えっほと登り

滝-5

     滝の全体像。つかめるでしょうか?


毎日シャワーな生活から体から温泉臭がするほど浸かり、

新緑あふれる自然の中でマイナスイオンをたっぷり浴び、

いろんなことが流されていく感じがしました。
posted by エイコ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | にほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。